快気祝いをメールで送る場合の、マナーと注意点

ビル

快気祝いは、病気やケガが全快したことをお祝いし、お見舞いに来てくれた方や、お見舞いを下さった方にお礼の気持ちとして贈るものですが、基本的には、お見舞いを頂いた場合にはまずはお礼状を出します。
そして、病気が全快した場合には、快気祝いという形でお返しをします。
しかし、こうした正式な形式をとらず、親しい間柄の相手に対して病気やケガが全快したことをメールで報告し、心配をしてくれたことへのお礼の気持ちを伝える場合は、どのような形で送ればいいのでしょうか。
まず、件名は用件がわかるように、かつ、簡潔に書きます。
そして、本文には、敬語や丁寧語をしっかり使いましょう。
しかし、できれば目上の方にお礼の気持ちを伝える場合には、できるだけメールではなく手紙の形でお礼状を出しましょう。