自分にけじめをつけるためにも快気祝いを贈ろう

ビル

快気祝いは、自分が病気をしたりけがをしたりしたときに、見舞ってくれた人たちに、病が癒えたことを知らせるとともに、感謝の気持ちを伝えることです。
快気祝いの品を贈り、できればお礼状を付けて、見舞ってくれた人へのお返しと全快したことの報告をしましょう。
この快気祝いを贈るということは、また、病気を二度としない、と自分にけじめをつけるうえでも、意味がありますので、タイミングよく快気祝いをするようにしましょう。
そのタイミングについてですが、一般的には、退院して、又は床上げしてから約10日ぐらいを目安に贈るようにしましょうとあります。
しかし、すぐに出す必要はありませんから、自分の体調が十分に回復してからでもかまいません。